« 2005年2月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月28日 (土)

速さを質感で表現!?

どうもです。いしいです。
今日の出席者は藤原くん、けんちゃん、まゆみちゃんの3人。

今回は、生徒の中で、教室一強そうな藤原くんについてお話ししたいと思います。
藤原くんは体が大きく(恐らく180cmくらいはある)、スキンヘッド。
教室の本部、聖公会生野センターのボスこと呉さん、
ボランティアスタッフ猪口さんもかなり体が大きくがっちりしているが、
藤原くんもなかなか負けてない。
ボスを中心にこの3人が並ぶと、きっと迫力満点、Vシネオーライ!
・・・まあそこまでは言い過ぎにしても、一見強そうなのは確か。
ところがところが、心はとっても穏やかでほんわかとしている。
そして、社会人だけあってきっちりしている。

彼が描く絵はいつも車。それも70年代や80年代のしぶ〜い車。
また、タクシーもよく登場する。
立体的に形を捉え、記憶する能力が優れていて、何も見ずにサラサラと描いていく。
今日は一枚の画用紙に、同じ形の車2台を上下に描く。
「藤原くん、風景を描こうか。」と言うと、
「石井さん、風景描く、風景描く。」と言いながら黙々と作品に向かう藤原くん。

授業が終わりに近づき、「出来た!」の声。
作品が完成すると早々と片付け始める藤原くん。
その彼を引き留め、絵を見る。
2台の車の間に線があり、2種類の情景に区切られている。
どちらの背景も高速トンネルの中、どちらの車もピンク色。
片方の背景は車が混み合い、渋滞している。
もう片方は邪魔する車も無く、スムーズに走っている様子。
さらによく見てみると、なにやらピンクの質感が違う。
メタリックとマット。
メタリックなピンクは赤と白とシルバーを混ぜたようだ。

「これはなんでメタリックなピンクとマットなピンクに分けたん?」

「メタリックな方は、スピードが速い。」

「あ!!そうか!!!メタリックの方はスムーズにびゅんびゅん走っているんや!
マットなピンクの車は渋滞であまり走ってないんや!。すごい!藤原くん。」

いしいゆみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月23日 (月)

弘光くんのこと

こんにちは、いしいです。
今日は番外編で、
5月21日登場、弘光くんの華々しい受賞歴を紹介したいと思います。

全国盲・聾・養護学校文化連盟主催、
全国盲・聾・養護学校文化祭優秀作品展

◆第8回文化祭 造形部門
 スポンサー賞受賞
 作品名「ジャリガニ」

◆第11回文化祭 造形部門
 知的会長受賞
 作品名「動物の仲間たち」

障害のある子供たちのインターネットギャラリー
http://www.nise.go.jp/kenshuka/jokan/gallery/index.html

こちらで見ることが出来るので、みなさん見て下さいね〜☆

いしいゆみ

| | コメント (0)

2005年5月21日 (土)

顔!顔?顔!!!

こんにちは。
今日の受講生は、
弘光くん、優功くん、江之口くん、早弥ちゃん、友希ちゃん、藤原くんの6人。
今日は弘光くんのお話をしたいと思います。

弘光くんは独創性豊かな高校3年生、自閉症の男の子で、
動物図鑑や植物図鑑などを見ながら、
デフォルメしていく事を得意としています。
例えば、ゴリラの写真をしっかりと見ながら
画用紙に落とし込む彼のゴリラは、線を入れれば入れるほど
写真からどんどん離れ、彼独自のカラフルなモノに変化する。
そうそう、「ジミー大西」の絵と
カラフルさや造形的に近いモノを感じます。
主にペンを使う事が多く、中でもペン先の細いものをよく使い、
その細い線を一本一本丁寧に塗り重ね、大きな面を作っていく。

そんな彼に
「ひろみつ、今日は段ボールのポストカードを作ってな!
ポストカードやで、ポストカード。」
と言うと、なかなか気乗りしない様子。
教室を一周してふと見ると、
□□□-□□□とポストカードの上部に描き込む。
う〜ん、ストレートすぎて面白い・・・。
いやいや、もっと彼の素敵な絵を見たいと思った私は
「もっと描いて、どんどん描いて!」「描いて描いて」としつこく言う。
すると、“じ〜〜〜〜〜〜〜っ”と彼が私を見上げ、手が動き始めた。
“じ〜〜〜〜〜〜〜っ” 描く、“じ〜〜〜〜〜〜〜っ” 描く・・・
しばらくその繰り返し。

「あ!!!!!分かった!!!!!。私を描いてるんや!」

教室では弘光くんが人の顔を描く事自体珍しく、とても驚いた。
新しい彼を発見出来たようで嬉しい。
そしてその絵は私が見たかった彼独自のすばらしい造形が出てきています。

みなさん『ついでにとんちんかん』の“ぬけ作先生”って知ってます?
どうやら彼の目に映った私は、その“ぬけ作先生”だったようです(>_<)

いしいゆみ

| | コメント (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年6月 »