2008年4月11日 (金)

ゆか猫デビュー☆

みなさま、ご無沙汰しております。
クリンもだん美術教室 雑貨デザインコース
石井です。

今日は、ちょこっとお知らせです☆

*****************************

クリンもだんのアーティスト山根由香さんと
ペーパークラフト作家の和田恭侑さんの
コラボレーション商品を
HOOPの特設会場へ出品、販売します!

期間は4月8日(火)〜20日(日)
場所は天王寺HOOP3F特設会場
(エレベーター上がってすぐの所です)

*****************************

お時間がありましたら、是非行ってみて下さいね!

0847hoop912
0847yukaneko901

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

アーサーmamaのブログ

以前、教室日記で紹介したアーサーの
親御さんのブログを紹介します☆

「my boy in wonderland 」

http://www.ktc-johnny.com/haruko.php

毎週土曜日の授業風景を写真付きで紹介して頂いています。
ありがとうございます〜m(_ _)m

是非、皆さまご覧くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「自閉症や知的障がいを持つ人の就労」

こんにちは。お久しぶりです。
クリンもだん美術教室 石井ゆみです。

「自閉症教育の実践研究 NO.5」2007年春号
明治図書


受講生の親御さんが公開されているブログ

http://www.ktc-johnny.com/haruko.php/archive/7/2007-05-18

に紹介されている本です。
興味があったので明治図書のサイトで検索したところ
新しい号にも関わらず、なんと!この号のみ在庫がありませんでした。


「就労につながる雑貨デザイン」

石井にとって、またクリンもだんにとって、
今後の大きな課題なのですが、


「自閉症や知的障がいを持つ人の就労」

というテーマは
自閉症や知的障がいを持つ人を取り巻く人、環境
また、社会的にも注目度が高まっているからでしょうか。


話は変わりますが、
先週土曜日5月19日のクリンもだん授業後
私の師匠のセミナーが17時からあり、
その後の交流会でクリンパンフレットを持って
広報活動しようと思っていたんです。
・・・が、
出る時にめちゃくちゃ急いでいて
準備していたパンフレットを忘れてしまいました。
石井どあほ〜!!!

で、セミナー後仕事場にパンフレットを
取りに帰ったのでセーフだったんですが。
交流会では様々なジャンルの方と名刺交換させて
いただきました。(クリもだ名刺)
財団法人大阪21世紀協会の方、
北海道大学大学院講師の方、
行政書士の方、カメラマンの方、
FMcocoroの方、
三重県農水商工部(行政関係)の方などなど。

もちろん、パンフレットをお渡しして(^^)v

特に同郷ということもあり、
三重県農水商工部の方とはローカルネタで
盛り上がりました。
これから、色々な場所に顔を出して行こうと
思っています。


あ、
「自閉症教育の実践研究 NO.5」2007年春号
ジュンク堂書店で在庫があり、
取り置きしてもらいました。ほっ。

石井ゆみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

「らくがき」活動日誌

クリンもだん美術教室ボランティアグループ
「らくがき」の活動日誌。
ボランティアスタッフfujibofujiboさんが
紹介してくれています☆

http://www.geocities.jp/fujibofujibo/index.html

みなさんご覧になってくださいね〜(^_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

本日、アーサー突風。

今日はクリンもだんに「突風」がふきました。


昨年からのクリンもだんの仲間、通称アーサーは
長身スレンダーボディの高校3年生の男の子。
(私〈154cm〉がいつも見上げるくらいだから、
180cm近くあるんじゃないかな。)


教室での彼は、毎週(約1時間半)必ず1作品は仕上げる。
どんなに残り時間が少なくても。
例えばあと30分で新しい作品に取りかかっても、
ほぼ終わりの時間には仕上がる。
まるで、彼の体内時計が
制作時間をカウントしているかのように。
だから、“残りあと10分”からの
彼のラストスパートは凄まじい。


最近、彼には、
“紙袋のデザイン”をしてもらっている。
既製の紙袋にアクリル絵具で。
今、アーサーはどうやら、それにハマッている。
教室に来るなり、様々な色や柄の紙袋から
どれか一つ選び、「ガガガ〜ッ!!!。」と
すんごい勢いで筆を走らせる。


今日は特にすごかった。
まるで突風、

『アーサー突風だ。』

なにせ、“1時間半で8作品”仕上がったのだから。


※とっぷう【突風】
急にふく強い風で、継続時間の短いもの。

0102_100304_110506_20708_30910_41112_41314_2

1◆艶無しモスグリーンの紙袋にアクリル絵具。
2◆クラフト紙の紙袋にアクリル絵具。
3◆艶無し白地に水色ストライプの紙袋にアクリル絵具。
4◆艶無しモスグリーンの紙袋にアクリル絵具。
5◆艶有りゴールドの紙袋にアクリル絵具。
6◆艶無し白地の紙袋にアクリル絵具。
7◆艶無し黒地の紙袋にアクリル絵具。
8◆艶無し白地に水色ストライプの紙袋にアクリル絵具。
↑いずれの作品も
前面、後面、側面2面、なんと底面まで!
全面にしっかりと塗られています。


いしいゆみ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

クリもだ同世代女の子(笑)だらけの新年会!

こんにちは。いしいです。

昨日(1/28)は授業後、
クリンもだんに関わるボランティアさんと
新年会をしました。それも女ばっかり5人で。

たまたまなんですけど、クリンもだんに関わる女性は
ほとんど同世代。
私は1977年生まれ。で、私を含め4人が同学年。

今日は、飲み会メンバー同世代4名(私以外)を紹介しま〜す。

澤さんは主に、水曜授業担当のボランティアさんで
クリンもだんでは7〜8年と、
女性スタッフで最も経験歴がある方です。
もちろん私よりも、以前からの生徒さんとは
なじみ深く、頼れるオネイサマ。
ある生徒からかなり長年求愛されとります。
でも澤さん、上手にかわしています(笑)。
土曜でもその彼はしつこく「おね〜ちゃんは〜?」と聞き
「今日はおらんっ!!(-_-)」と私もしつこく。
彼の目には私が映らないようで、澤さんのことばかり。

瀬尾さんは主に、土曜担当のボランティアさんで
自分のお仕事や生徒をこよなく愛する高校教師さん。
クリンもだんでは約1年半ですが、
とても気が利き、「かゆいところに手が届く」とは
まさに瀬尾さんのこと。
長年書道をされていて、書道家としてのお名前もあるとか。
はっきり意見を言うのでしっかりしていると思いきや、
頭を扉にぶつけたりもちょくちょく。
あ、クリンもだんでは群を抜く、体の硬さ!

原さんは水曜、土曜掛け持ちのボランティアさんで
クリンもだんでは瀬尾さんと同じく、約1年半。
お仕事の合間にバレエレッスンを受けていて、
年に何回かその舞いを舞台披露されています。
瀬尾さんと真逆で、かなりの体の柔らかさ!さすがだ。
あだ名は「オードリー」。
「誰に似てると言われたことがある?」と
昨年の展覧会場で話していた時に、
「絶対言ったらみんな怒りますよ・・・
オードリー・ヘップバーン・・・。」とご本人。
それが由来。

藤本さんは主に、水曜授業担当のボランティアさんで
昨年の展覧会前からだから・・・約半年ですね。
半年ながら、とても熱心で展覧会活動も積極的に
関わって下さいました。
現在、社会保険事務所で勤務されています。
見た目はとってもしっかりしていますが、
けっこう“飲んべ〜”みたいで、お店に詳しい。
“けたけた”笑い、とても明るく、
飲みっぷりも男前、いわゆる「ざる」かもしれない。

・・・とまあ、こんなメンバーで飲んだんですが、
案の定、朝までコースは

「藤本さん」と、わたくし「石井」でした。。。

いしいゆみ

追:久々やわ〜、朝までなんて(いし)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

ねごさんがやって来た!

こんにちは。

今日は1月4週目の授業。

4週目の授業はいつも受講生が少なめなので、
教室の空気がゆったりとしています。
あさりくん、なっちゃん、加奈ちゃん、
彩華ちゃん、ゆうきちゃんの5人が1月28日の受講生。

そこに!

私の学生時代からのお友達
「ねごさん」がお手伝いに来てくれました。
学生時代、一緒に作品展もしました。
彼女もデザイナーで、アートに興味があり、
一昨年からクリンもだん美術展に来てくれています。
また、以前から教室に遊びに来たいと
言ってくれていたのです。

みんなと「はじめまして」なのに自然に溶け込み、
みんなの制作を手助けしてくれました。

あとから聞いたのですが、
ねごさんも楽しかったようで、
帰り道は気持ちが高揚していたようです(*^_^*)

ねごさんありがとう☆

いしいゆみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

新年なんだね〜

あけましておめでとうございます。
日記ご無沙汰してました(>_<)
2006年書き初めですね☆
みなさん今年も宜しくお願い致します。

今日は新年初めての土曜授業でした。
私は毎週土曜、週1のペースで授業をしているのですが、
年末年始は授業がお休みになるので、
約4週間ぶり・・・ほぼ1ヶ月ぶりだ。びっくり!

すいぶん教室行ってなかったからか、年末年始の影響からか
スキな自分の仕事にもイマイチ身が入らない・・・。

あ〜、私はクリンもだん美術教室が大好きなんだな〜と
しみじみ感じた一日でした。。。

いしいゆみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 2日 (土)

みんなまっしろ

こんにちは、いしいです。
7月17日・18日にボランティアさん企画・運営の、
「クリンもだん美術教室一周年記念展」−長屋からのバリアフリーアート−
を開催します。
この展覧会はいつも使っている教室を会場にするので、
今日は壁をペンキで“まっしろく”しました。

↓吉本新喜劇に出てくる、そば屋のおっちゃん風な大澤先生。
yoko
osawa
inokuchi
←カメラを向けると、何かしないと
 気が済まない(笑)猪口さん。
tate
みんなで作業したペンキ塗りは、ワイワイとしてて何だか妙に楽しいもんだな〜。
壁だけの予定が、塗る事に没頭しすぎてついに机まで!!!
ほんと、楽しかったo(^o^)o

いしいゆみ

| | コメント (0)

2005年6月23日 (木)

ウエダ君のこと

 今日は、ウエダ君のことを書きます。
ウエダ君は5月は体調をくずして教室をお休みしていました。で、6月から教室に出てくるようになりました。
すると、休む前まではしていなかった床を水でぬらす行為が再発しました。授業中、僕に「先生、ゆか水でぬらしていいか?」と聞いてきます。その度に「あかん!そんなんしたらあかんで!」とかえすのですが手を洗う時に床をビショビショにしてしまいます。せっかく、そんなことをしてはいけないことだと覚えたとこだったのに、ぬれた床を見てすこしがっかりしました。で、なんでぶり返したのか考えたのですが、この行為は僕とのコミュニケーションの手段じゃないかと思いました。一月近く休んでいて、久しぶりに僕と会って彼なりにどうやって僕と接するか考えたのだと思います。しかられるとゆうのも彼にとってコミュニケーションを確認するための方法じゃないかと。
床を水でぬらす行為は、まだ続くと思いますが、休む前のようにもう少し教室に溶け込めば、床をぬらすことはやめるだろうと思います。
「ちょっとくらいぬらすだけならいいけど、あまりイッパイぬらさないでね。ウエダ君!あとがたいへんやから。」

                                                        オーサワ

| | コメント (0)

«日記再開